読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐れ大学生のブログ

つらつらと中身のない、文字通り腐れ大学生の日常を淡々とつづっていくブログです。過度な期待は禁物です。

バトルツリーをなんとか100連勝まで行きたい!!!50を超えたときの緊張感はえげつない・・・・

 無難に高速アタッカーで押して参る!!!

 

 今日はバトルツリーシングルでどうやって勝ち抜いていくか考えていこうと思っています。

 

 バトルツリーでBPを稼ぐのは初めのうちは中々辛いところがありますが、慣れてくると、30連勝までは結構サクサク行くことが多いです。

 

 バトルツリーで最も厄介なのが、タイプ統一パの一般トレーナーの存在です。

 此方のパーティーに弱点が一貫している場合などにあっさり連勝ストップしてしまいます。なんといっても、此方は三匹のポケモンで百何十匹、下手したら何百匹ものポケモンに応対しなければ、100連勝や200連勝は見えてこないのですから。。。。

 

 私は最大64連勝しかできませんでしたが、これもまだ運に助けられた場面も多々ありました。一応、その時のパーティーを紹介しておきます。

 

 ①(先発) ゲッコウガ 命の珠、 臆病 CS252、

 ハイドロポンプ(命中不安なのによく当たったもんです・・・)

 草結び、冷凍ビーム、悪の波動

 

 ② ガブリアス ドラゴンZ 陽気 AS252

 逆鱗、じしん、炎の牙、岩石封じ

 今思えば、襷持ちにして、炎の牙を剣の舞にしておけば全抜き性能が高められたような気がします。

 

 ③ ウルガモス 食べ残し 図太い HB252

 炎の舞、虫のさざめき、蝶の舞、鬼火(ここは羽休めでよかったかも)

 

 此方のウルガモスは耐久が非常に優秀で、思ったよりは結構活躍してくれました。

 ただ、一回も当たらなかったのは幸いですが、この三匹だとギャラドスに弱いと感じました。

 

 

 正直、ゲッコウガが相当活躍してくれるので、サンダースが相手の先発で来ない限り引くことはあまりしませんでした。

 ただ、バトルツリーも所詮はNPCの頭で行動していることさえ頭に入れておけば、此方の立ち回りもだいぶうまくなってくると思います。

  

 連勝数を重ねると先発の相手のポケモンが様子見で守るをしてくることがあります。

 また、相手は交代読みを絶対と言って良いほどしてきませんので、その穴を上手く利用してやれば、こちらの無償交代もリスクなく行うことだってできます。

 

 水タイプのポケモンに飛んでくる電気をすかす地面タイプ。

 ノーマルタイプのポケモンに刺さる格闘をすかすゴーストタイプ。

 

 このように、如何に交代をスムーズに行えるかが、バトルツリーの勝利の秘訣だと思っています。

 

 また、スーパーシングルでは、最初に50連勝しようとするとレッドと戦うことになります。なのでこちらは絶対に落としてはいけないバトルになってきますね!!!

 

 ・・・・・何も知らずに適当に進んで、レッドのラプラスカビゴンにボコボコにされたのはここだけの秘密です。。。

 

 この時は、ウルガモスをカプ・コケコに、ガブリアスカミツルギに変え、カビゴンラプラス対策を厚くしました。

 

 

 また、バトルツリーは鈍足のポケモンも結構採用されている場合があるので、トリルパで勝ち進むのは難しい気がします。

 おそらく、単純に高火力で殴るシンプルなやり方が手っ取り早く試合を終わらすことができ、そこそこ連勝数を伸ばす秘訣なのではないかと思います。

 

 試合スピードを上げるというのはとても大事で、BP稼ぎは勿論、連勝記録狙いにしても、サクサク試合数を進めた方がいい気がします。

 サクサク試合が進められないときは、相手のポケモンの構成が此方の三匹に刺さっているということなので、その頻度が高くなったらパーティーを見直した方がいいかもしれません。

 

 偉そうなことをたくさん言ってしまいましたが、私ももっとポケモンの知識を増やしてより良い記事をもっと作っていけたらなぁなんて思っています。

 では本日はこれで!見てくれてありがとうございました。。