腐れ大学生のブログ

つらつらと中身のない、文字通り腐れ大学生の日常を淡々とつづっていくブログです。過度な期待は禁物です。

二日目。早速タイトルに困る私をどうか見捨てないでください。

四畳半神話大系について

 皆さんは「四畳半神話大系」というアニメをご存じでありましょうか。 

          

私は知っています。何度見直したかわかりませんが、「私」の心情は大学生になった今だと良く分かります。分かってしまうのです。

 

 人と爽やかに交流することが如何に難しいか、円満な人間関係を築くことが如何に荒唐無稽な計画であるかを思い知りました。

 

 そもそも、そんな薔薇色のキャンパスライフなぞを謳歌している人間が存在するのか甚だ疑問であり、その疑問には答えを求めたくもありませぬ。

 

 しかし、そんな鬱憤とした日々を送っている大学生の日常を淡々と描いたアニメがそう面白いわけがなかろうと高を括ってはいけません。

 

 私はかつてここまでモノローグを前面に押し出したアニメを見たことがありません。

しかし、それがまた私のツボに入ってどうしようもないのです。原作者の森美登美彦氏の面白おかしい文章がなせる業なのだと思うと感嘆するほかありません。

 

 また、主人公の「私」には「小津」という親友がいるのですが、こいつがまたこの作品に怪しげなスパイスを投じているに違いありません。

 

 このアニメから私は、森美登美彦さんの他の書籍を読むようになり、またいずれ紹介する機会もあると思います。